消えた赤線放浪記 3

失われつつある旧赤線地帯や線後(売防法以後)の風俗街、花街について研究します

2023-12-01から1ヶ月間の記事一覧

水上勉「山陰本線丹波口駅─────遊女の町」(『停車場有情』昭和55年 所収)[1]

著者は昭和3年の冬の記憶を記しています 「丹波口駅は、私にとってはなつかしい駅である。九歳の時に、京都の禅寺へ小僧にきた時も、この駅に降りて、はじめて京の土を踏んだ。 当時、私の母方の叔父は、下京区八条坊城西入ルの地点で履物商をいとなんでいて…